不妊症と不妊治療体験記

不妊治療で双子を授かったママのサイト

white_icon 卵巣過剰刺激症候群(OHSS)で入院

9/24の診察時、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)と診断されました。前回も採卵の後、単胎の妊娠7ヶ月か(双胎の7ヶ月はこんなもんじゃない)ってくらいお腹が腫れてましたが、今回はもっとひどくなり、着床しているようだったら大事をとって入院、と言われました。その時ヘマトクリット44.3%〜44.7%でした。(通常45%以上が入院)

先生が、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)になるのは、妊娠している可能性が高いというので、お腹は痛かったけど期待が膨らみました。こんなに腫れてくるって事は双子かもしれないね、って。

10/4が妊娠判定日だったんですが、体重が5キロ増えてしまったので10/1の受診時に、東大付属病院へ紹介状を持って入院しに行くことに。その紹介状を待っている間に、妊娠判定陽性と出たのでした。

 おめでと〜!

 なーんて気分になれないくらい苦しかったですが、「10/1の時点で、4週0日、予定日6/10」と書いた紙を渡され、不思議な気分に。だってついこの間受精させたばかりなのに。

 入院中は、水分・塩分制限だけで、アルブミン投与はありませんでしたが、2週間で体重も戻りました。入院中の5週0日の検診で、胎児は1個とわかり、双子じゃなかったのか、ってすっごいがっかりしたのを覚えています。贅沢ですね。
でも胚移植からずーーーーっと、2つともくっついてねって、2人の名前(勝手に女の子と決めてつけていた)を呼び掛け続けていたので、1人いなくなっちゃったと思うと、素直に喜べなかったんですよね。

white_icon 2002/10/17 双子と判明した日の日記

タクシー頼んだのに、ハイヤーが来ました。

タクシーが用意できなかったので、タクシー料金で結構です、と言われましたが、メーターがついていないので、安めにしてくれたみたい。電話では8000円くらいといわれたのに、6000円と高速代700円でした。

全然揺れないいいお車でございました。

担当の先生は3人にて、一番偉い人がオーベン、中くらいの人がチューベンと言い、もう一人は研修医なんですが、今日はチューベンでした。

その人いつも透かしていてイヤな感じで、ふん、たいしたことないじゃん、みたいな態度だったんですけど、今日は内診がやけに長くて、しかも無言。

なんだろうと不安になっていると、突然「○○さん大変!」と。

もう、ドッキーンとしちゃいました。

そしたら先生、「赤ちゃん2ついます」って。

まあこのまま産科にまわしても大丈夫だと思ってたんですが、双子なら話は別です、と急にやる気をみせて、笑顔まで。いつもブスーっとして偉そうなくせに、そっちの方がびっくりしちゃった。

とりあえず、2つとも心音確認できました♪

2人とも女の子だといいな♪

NEXT⇒

white_icon くちこみ情報

双子ママの不妊症と育児情報では、不妊治療施設の口コミ情報を募集しています。
これから治療を受けられる方が、安心してより良い不妊治療施設を選択出来るよう、皆様のご協力をお願いいたします。
その病院の良かった点、悪かった点をお便り欄に、具体的に書いて下さい。
サイトをお持ちの方はあわせてご記入いただければ記事よりリンクいたします。
相互リンクしていただければ尚嬉しいです。(*^-^*)

お名前:
E-mail:
県名:
病院名:
お便り:
©2006 twins All Rights Reserved. | ホームページ作成| Contact Us |