不妊症と不妊治療体験記

不妊治療で双子を授かったママのサイト

white_icon 顕微受精(ICSI)にチャレンジ〜1回目

さて、結局は躊躇しながらも、木場公園クリニックの扉をたたいたので、現在に至っているわけですから、あの時姑に言われた超ムカツクひとことに、感謝しなければいけませんね。ほんと、ありがとうお義母さん。(怒)←根に持ってるらしい

初めて木場公園クリニックを訪れた時、私は「ちょっとだけ話を聞いてみよう」というつもりでした。だから診察室で時期を聞かれた時、「え?そんな急に言われたってまだ心の準備が出来てないし、何をするのか良くわかってないし、どうじよう」って思いながら取りあえず「考えてみます」と答えたんですけど、同時に主人が「すぐにでも!」と答えていて、「え?」「え?」とお互い顔を見合わせてしまったのです。
 先生には苦笑され、「ちゃんと2人で良く話し合ってね」と言われて、その日はすごすごと帰ってきたのでした。それが34歳になったばかりの1月。

当時私はフラメンコを習いはじめたばかりで、発表会に出たかったのですが、夫もやる気満々だし年令も年令なので、次の生理のタイミングをはかって、1回目の顕微受精にむけた治療を、4月末から開始しました。フラメンコは、子供ができなかったら戻ればいいやと思って、長期のお休み扱いにしてもらいましたが、結局そのまま一度も行けませんでした。今となってはフラメンコより双子育児の方が、比べ物にならないくらい楽しいです。

吉田先生は、2回以内に絶対結果が出ると言ってましたが、夫は1回でうまくいくと根拠もなく信じていました。でも私はそう簡単にいくものかなと疑問で、ダメでも3回までね、と夫に念をおし、300万円の定期を解約しました。

治療はまず夫の採精からだと思ったら、私の検査からでした。検査の結果、特に問題も見当たらず排卵も正常でしたが、体外受精するためには、卵子がたくさん必要なので、ピルロング法と言われる排卵誘発する、と説明されました。

今まで不妊治療のことを調べた事もないし、その日もまだ本当に自分が当事者になるなんて実感がなかったので、何を説明されても、??????でしたけど。

4/12から21日間ピルを飲んで排卵を止める。
その後、週一回通ってゾンテ診(簡単な検査だと聞いてましたが、私は診察台が恐怖でどうしても力が入ってしまい、結局うまくいかず、発熱しました)やら、超音波検査やらしつつ、家では点鼻薬(4/22から2週間スプレキュア)を使う。

たったそれだけなので、最初はあまり不妊治療しているという実感は湧きませんでした。でも5/3〜5/13は毎日通院してホルモン注射。(高い)5/7からは毎日採血。5/11は朝夜2回通院して2回注射。
 この頃からだんだん、不妊治療してるんだなという実感が出てきました。

5/13に夫の採精と私の採卵。予定では10個採卵して顕微鏡で受精させ、5/17に4分割した受精卵を2つ戻します。(顕微受精についての詳しい説明は、木場公園クリニックのページをご覧下さい。 他の資料が全く必要ないほど詳しく出ていますので、私がここで素人説明をしても仕方ないでしょう。)

病院はビルの2階にあります。 ゴールデンウィーク中、ずっと改装工事をやっていたのですが、 顕微受精、体外受精のフロアを、3階に増設していたのです。 出来てから1週間、まだ誰も3階を使用していなかったと院長先生。
「新しいフロアでのトップを誰にするかずっと考えてたんだけど、やっぱり記念すべき1人目は先生(←夫は新米ですが医者なので先生と呼んでくれます)にしようと思って」
と、嬉しそう。

新しい施設での一番手。これは縁起がいいかも?

……って思ったけど関係なかったみたい。

あれよあれよと毎日(注射は痛い)が過ぎ、採卵(気絶しそうに痛い)では6個しか取れず、受精したのは2個だけ。2個とも戻しましたが、結果はダメでした。

名前も決めてあって(2つ)毎日呼び掛けていたので、ダメだとわかった時は知らずに涙が出ていました。毎日安静に横になってお腹をさすりながら、「がんばって2つともくっついてね!(着床してね)」と呼び掛けていたのに。

初めての顕微受精ってどんな心境?
知りたいあなたのために、当時の日記を抜粋。
寄り道する?

2002/5/13〜5/30
⇒採卵から発表までの日記

white_icon くちこみ情報

双子ママの不妊症と育児情報では、不妊治療施設の口コミ情報を募集しています。
これから治療を受けられる方が、安心してより良い不妊治療施設を選択出来るよう、皆様のご協力をお願いいたします。
その病院の良かった点、悪かった点をお便り欄に、具体的に書いて下さい。
サイトをお持ちの方はあわせてご記入いただければ記事よりリンクいたします。
相互リンクしていただければ尚嬉しいです。(*^-^*)

お名前:
E-mail:
県名:
病院名:
お便り:
©2006 twins All Rights Reserved. | ホームページ作成| Contact Us |