不妊症と不妊治療体験記

不妊治療で双子を授かったママのサイト

white_icon 不妊治療を受けることになった訳

私が初めて不妊治療の話を身近な人から聞いたのは、25歳くらいの時でしたが、当時は今ほどの技術が確立してなくて、妊娠率も低いしお金も莫大でした。

24で結婚した時、夫が無精子症だとわかっていたので、初めから子供なしで一生終わるんだろうなって思ってたし、自分が子供を産める身体なのかどうかも、考えたことありませんでした。だから、不妊治療なんて、ぜんぜん「ひとごと」でした。

それから何度か、友達やら友達の親類やらに、そんな話が出てましたが、やっぱり「ひとごと」でした。
 弟夫婦に子供ができなくて、病院で調べてもらったら弟も無精子症だったことがわかり、その時はさすがに「ん?」と耳を側だてて話を聞きましたけど、「別に子供がいなくても2人で楽しく暮らしていけばいいんじゃないの?」って答えてました。

そんな私も、一度は不妊治療のことを、真剣に考えましたよ。30になる直前にね。 だってもし子供を産むのなら、限界の年令だと、その時は思いましたから。それで夫にさり気なく相談してみました。でも、夫は「まだ子供いらない」と…。

「まだ」って何だよ、まだって。(怒) って心の中で思いましたけどね。もう30なのにって。だけど夫はその時2つ目の大学に通ってて、友達はみんな21〜22だったので、気だけは若かったみたい。

原因は夫にあるので、夫が動いてくれない限り、私だけが不妊治療に通っても仕方ないわけです。だから、「そっか、やっぱ一生子供なしなんだ」って諦めました。
 そのときはさすがに泣きましたよ。だけど、夫も自分に原因があるからその話題に触れられたくないだろうし、ひととおり泣いて、すっぱり諦めたんです。

ところが33歳の時、今まで子供に興味なかったかに見えた夫が、急に子供が欲しいと言い出したんです。

そんな……( ̄□ ̄;)
 今そんなこと言われたって、もう「まる高」じゃん。
 もっと早く言ってよ。今さら産めないよ。どうしてくれんのよ。

だけど夫は、そんな私の心の中はお構い無しに、1人であちこちの病院に通って相談してました。

うちの夫って、すんごいお尻の重い人で、今日やるべきことを今日やった試しがない、それどころか明日もやらない、明後日もやらない、1年後もまだやってない、ってひとなんです。
 それがですよ?毎日毎日あっちの病院、こっちの病院って。どうしちゃっやんだろうって呆然としてしまいました。

 一般に不妊症というと女性というイメージを持たれていますが、WHO(世界保健機関)の調査によると、不妊症の原因は41%が女性のみ、24%が男女ともにあり、24%が男性のみ、11%が原因不明だそうです。(木場公園クリニック〜不妊症の定義より)
 つまり男性不妊も、無視出来ない程の数なのです。

しかーし!

 どの病院もどの病院も、男性不妊は「泌尿器科」、女性不妊と不妊治療は「産婦人科」、というおかしな分類がされていました。じゃあ男女両方に原因がある場合は、どーすんだよ?って感じですが、東大付属病院も、慶応付属病院も、大学病院はみんなダメだったのです。
 慶応では、非配偶者間人工受精(AID)を勧められたくらいです。

夫の行動力にびっくりしながら、そしてちょっとは期待しながら、動向を見守っていた私も、その時点で、「あ、やっぱダメなんだな、期待すると後が辛いからやめよ」と思ったのでした。けれども夫は諦めませんでした。

最後に行き着いたのは東邦大学付属病院でした。東邦では「男性は泌尿器科、女性は産婦人科」という分類をしておらず、総合的不妊治療を行っているということでした。
 個人病院は本当に成果があがるのかどうか不安だし、金銭的にも高額で、「15回やったけどダメだった」とか、「8年も通っているけどダメだった」とか、そういう知り合いの話も耳にしていたので、大学病院を優先していたのですが、そう考える人は他にも大勢いたんですね。

せっかく辿り着いた東邦大学付属病院でしたが、体外受精してほしいカップルが何組も待っていて、申し込んでも実際治療が出来るのは3年後になるかも、と言われたのでした。

 夫の場合、無精子症といっても睾丸では精子が作られていて、手術で取り出し、顕微鏡で受精させれば、受精卵が出来る可能性があると言われていましたが、この顕微受精(ICSI)人工授精(AIH)と違って機材も設備も必要で、どうしても順番待ちになってしまうということなのでした。
 精子の運動生が良ければ、体外受精(IVF)という選択もあるそうです。

その時すでに私達は34歳になっていました。3年待ったら37歳。非常に少ない確率ですが、1回で成功したとしても、産まれてくるのは38歳の時。
 もともと虚弱な体質だった私は、それだけは無理だから、と言いました。

がっかりしていた夫に、東邦の先生が紹介してくれたのは、東邦大学の非常勤講師で、木場公園クリニックの吉田院長でした。
 吉田先生はものすごくパワフルで明るくて、一緒にいると元気倍増!というとても信頼出来る先生でした。先生のクリニックは、男性不妊の方が遠方から大勢通われていて、とても評判がいいということだったんですが、私もすぐには決断しかねていました。

友達のお姉さんが慶応で、顕微受精(ICSI)を7回やってダメだったという話も聞いていたし、顕微受精(ICSI)は1回に70万くらいかかるし、2〜3回やってダメで、お金だけなくなってしまい、夫婦喧嘩がたえなくて、ついに離婚……なんてことになるんじゃ?と考えてしまったわけです。

この70万という金額を聞いて、そんなに高くないでしょ、と思われたかもしれませんね。普通は35万くらいと言われていますから。けれどその35万は、顕微受精のみの金額であり、その前に採卵するための治療があるのです。毎日のように保険の効かない注射を打ち、スプレキュアなどの薬を用い、更にうちは主人の手術もあったので、それ以上のお金がかかるわけですよ。それを7回も8回もやってみようと思うほどの余裕資金は、ありませんでした。

後込みしていた私が不妊治療を受けることになったきっかけのひとつは、実は姑のひとことだったりもするんですが、それは双子育児の「これだけは許せないひとこと」で聞いて下さい!!

NEXT⇒

white_icon くちこみ情報

双子ママの不妊症と育児情報では、不妊治療施設の口コミ情報を募集しています。
これから治療を受けられる方が、安心してより良い不妊治療施設を選択出来るよう、皆様のご協力をお願いいたします。
その病院の良かった点、悪かった点をお便り欄に、具体的に書いて下さい。
サイトをお持ちの方はあわせてご記入いただければ記事よりリンクいたします。
相互リンクしていただければ尚嬉しいです。(*^-^*)

お名前:
E-mail:
県名:
病院名:
お便り:
©2006 twins All Rights Reserved. | ホームページ作成| Contact Us |