不妊症と不妊治療体験記

不妊治療で双子を授かったママのサイト

white_icon 不妊治療の手引き

結婚してすぐに子供を産む、というカップルは、昔に比べて少なくなりました。
多くの夫婦が共働きで、出産年齢も高まって来ています。

一般に、 2年間夫婦生活を営んでいても、妊娠しない夫婦を不妊症と言いますが、子供を作ろうとしているかどうかは外からはわからないので、結婚して2年以上経つのに子供がいない夫婦全員が不妊症というわけではありません。
また、初めから子供を欲しがらない夫婦も増えています。

子供はまだ?という言葉に多くの不妊症女性が傷ついていますが、WHO(世界保健機関)による、不妊症の7273カップルの調査によると、不妊症の原因は41%が女性のみ、24%が男女ともにあり、24%が男性のみ、11%が原因不明です。

この数字は検査した人の統計ですから、当然検査しないが不妊症である人が大勢いると思われます。子供を欲しがらない夫婦は、たとえ不妊症であっても、検査する必要がないからです。また、男性の方が検査したがらない傾向があるため、男性の比率が低くなっているだけという見方も出来ます。

現状では、まだまだ、「子供が出来ない=女性の原因」という誤った認識を持つ人が多いため、不妊恐怖症になる女性もいます。
こういった誤った認識を正す為には、正しい知識が必要です。
このサイトは、不妊症に関係ない方にも是非見ていただきたいと思っています。
また、子供が出来ないと悩む夫婦に、もっと気軽に堂々と不妊検査、不妊治療を行って欲しいと思って開設しました。

white_icon 不妊症検査のすすめ

子供が欲しいと思っているのに、なかなか出来ない夫婦は、まず検査を受けて、状況を客観的に判断することが大事です。
自分がどういう状況にあるかわからない、というのは、精神的にも辛いですし、先々の計画も立ちません。

不妊症を確定されるのは怖い、という方も多くいらっしゃるようですが、深刻な原因ではなく、本当にちょっとしたことで、子供が出来る可能性もあるのですから、勇気を持って検査して下さい。

また、検査は必ず夫婦で行いましょう。どちらか一方が検査するだけでは、不十分です。

検査を受ける前には、必ず入院保険に入っておきましょう。詳しくはこちら。で説明しています。

white_icon 病院を選ぶには?

仕事も忙しいし、なかなか検査を受ける時間がない、という方が多いと思います。
しかし、選ぶ病院を間違えると、後々まで不幸の元になります。病院は必ず慎重に、信頼出来るところを選びましょう。
まだ、不妊症と確定した訳ではない、と気軽に近所の産科医院に行ってしまうと、もしかしたら、重大な要因を見逃して長引く羽目になるかもしれませんし、有効性のない治療に無駄な時間とお金を費やす事になるかもしれません。

どの病院がいいとは、一概にはいえないと思いますが、ホームページを検索して、どんな治療をしているか等を調べておくことをお勧めします。検査の結果、自分には関係ないと思っていた高度生殖医療が必要になった場合、施行出来る病院は限られていますし、自由診療ということもあって、中には悪質な施設もあるようですので、自分なりに調査して、安心感のある病院を選びましょう。

不妊治療は、精神的な戦いでもあります。信頼出来ると思えない病院にかかってしまった場合は、思い切って転院することも必要です。

NEXT⇒

white_icon くちこみ情報

双子ママの不妊症と育児情報では、不妊治療施設の口コミ情報を募集しています。
これから治療を受けられる方が、安心してより良い不妊治療施設を選択出来るよう、皆様のご協力をお願いいたします。
その病院の良かった点、悪かった点をお便り欄に、具体的に書いて下さい。
サイトをお持ちの方はあわせてご記入いただければ記事よりリンクいたします。
相互リンクしていただければ尚嬉しいです。(*^-^*)

お名前:
E-mail:
県名:
病院名:
お便り:
©2006 twins All Rights Reserved. | ホームページ作成| Contact Us |